【日本一のモグラ駅】群馬・みなかみを日帰りで楽しむ ~土合駅を潜り、谷川岳を登り~

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

旅行記
スポンサーリンク

今回は群馬県みなかみ町へ

今回は群馬県のみなかみを日帰りで楽しんできました。
(2020年7月中旬)

 

行程

土合駅~谷川岳

 

『日本一のモグラ駅』土合駅

土合駅はJR上越線の駅です。

『日本一のモグラ駅』として有名な駅です。

なぜモグラ駅?

その理由は下り線ホームがトンネル内にあるからです。
しかも、ただトンネル内にあるのではなく、駅舎との標高差が約70mあるのです。

駅舎からホームまで10分以上かかります。

こういったことから『日本一のモグラ駅』と言われています。

実際に潜ってみます。

 

駅舎

駅舎は地上に位置しています。

目の前が広場(砂利)になっており、駐車場のようになっていました。

ほとんど観光客のようです。

切符売り場

今は使われていないのかな?

 

上り線ホームは地上

天気が良い!

このように東京方面に向かう上り線ホームは地上にあります。

普通の田舎の駅といった感じ。

 

問題の下り線ホームへ向かう

いよいよトンネル内にある下り線のホームに向かいます。

途中の通路からはこのような景色も見えます。

自然の中にあって水も綺麗。

これが下り線ホームに向かう階段です。

ゴールが見えない…

まるで異世界。

 

下り線ホームの様子

下りきった先にはこのようなホームがありました。

地下鉄みたいですね。

次の土樽駅は新潟県です。

なので、この土合駅が県境の駅になります。

 

登りは当然きつい

当然のように出口の案内看板がありますが、来た階段を登らないといけません。

階段に差し掛かる場所にはこのような看板がありました。

やはり『日本一のモグラ駅』です。

目の前にはこちら…

さあ登ります。

なんとか登りきった所にはこのような文字が。

『お疲れさまでした』
『がんばって下さい』

なかなか駅にこんな案内ないですよね。

 

谷川岳

次は、谷川岳に行ってみます。

土合駅から近く、車でなら10分かからず行けます。

 

標高1500mまでは簡単に行ける

登山で有名な谷川岳ですが、標高1500mあたりまではロープウェイとリフトで行けます。

なので、軽装でも景色を楽しむことはできます。

 

ロープウェイ

ロープウェイに乗っている時間は約10分です。

あまり乗り慣れてないせいか、かなりスピードが速いように感じました。

ロープウェイから見える水も綺麗。

 

リフト

ロープウェイの終着地点「天神平」は標高約1300m。

そこから、さらにリフトで200m程登ることができます。

もう既にかなり高い所まで来ています。

リフトにぐんまちゃんがいました。

ちなみにぐんまちゃんは群馬県のマスコットキャラクター。
年齢は人間だと7歳くらいらしい。

 

天神峠展望台

リフトの終着地点が「天神峠展望台」になります。

天気が良かったので大自然の景色が広がっていました。

まさに絶景!

帰りにもぐんまちゃんとすれ違いました。

 

まとめ(言いたいこと)

リフトってスキー・スノーボードでしか乗ったことがありませんでした。

今回雪シーズン以外で乗ってみた感想は、

 

 

 

 

 

降りる時に変なことにならない安心感。

 

 

 

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました