【国立競技場が目前】東京・神宮外苑「三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミア」に宿泊

〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ホテル・旅館
スポンサーリンク

本記事で分かること

・三井ガーデンホテルは三井不動産グループの会社が運営
・立地は新国立競技場の目の前
・三井ガーデンホテルの中でも”プレミア”
・館内はアートがたくさん
・部屋のバルコニーで都心の景色を独り占め
・屋上テラスから都心を一望

三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミアに宿泊

東京都新宿区にある「三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミア」に宿泊してきました。
(2022年2月中旬)

三井ガーデンホテルとは

三井ガーデンホテルは三井不動産グループの「㈱三井不動産ホテルマネジメント」が運営するホテルです。

「三井ガーデンホテルズ」「ザ セレスティンホテルズ」「sequence(シークエンス)」といった、ブランドで展開しています。

『記憶に残るホテル』がコンセプトで、街の魅力に触れながら滞在を楽しめるホテルブランドのようです。

㈱三井不動産ホテルマネジメントの運営するホテルは日本全国に38か所台湾に1か所あります。
※2022年4月時点

・北海道、東北に2か所
・関東に20か所
・東海、北陸、近畿に11か所
・中国、九州5か所
・国外(台湾)1か所

同じ系列のホテル「sequence MIYASHITA PARK」に宿泊した記事はこちら☟

この系列のホテルの個人的な印象としては、好立地・リーズナブル・オシャレの三拍子揃っているホテルと感じています。

三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミアの特徴

主な特徴3点
・新国立競技場の目の前という立地
・三井ガーデンホテルの中でも”プレミア”
・都会と自然の融合

1点目は新国立競技場の目の前という立地

「三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミア」の場所はこちら☟

そう、予想のはるか上を行く近さ。

目の前に新国立競技場があるんです。

道路を挟んでこの距離です。

なにかイベントやスポーツ観戦の際にはより利用しやすそうですね。

 

2点目は、三井ガーデンホテルズの中でも豪華という点

ホテルの名称「三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミア」

三井ガーデンホテルの名称にプレミアと付くホテルは数か所しかありません。

実際に三井ガーデンホテルのフラッグシップホテルとして位置付けられているようです。

大浴場やフィットネスルームがあることからも、力を入れているホテルと推測できます。

 

3点目は、周辺の環境がまさに都会と自然の融合という点

こちらについて、この後の実際に訪れた際に様子で出てきますが、東京の景色を楽しめる上に、ホテルの周辺は明治神宮外苑新宿御苑といった東京の都心でも自然を楽しめる環境にあります。

有名な外苑のいちょう並木も徒歩圏内にあります。

 

三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミアの様子

三井ガーデンホテル 神宮外苑の杜プレミアがどのような施設なのか見ていきます。

外観は独特

外観はこのように木の温もりを感じられそうな建物。

向かい側にある新国立競技場となんとなく似た雰囲気を感じる印象です。

夜になるとこのように見えます。

外観だけみてもオシャレなホテルな印象ですよね。

ロビーは開放的

1階がロビーとなっています。

チェックインもここで済ませます。

自動チェックイン機なんてものもありました。

くつろげるスペースもありました。

また、このフロアにはレストランパン屋もあります。

レストラン「RISTORANTE&BAR E’VOLTA」

今回こちらのレストランは利用していないですが、朝食・ランチ・ディナー・カフェとして様々な時間帯で利用できるようです。

パン屋「THE GROVE BAKERY」

こちらは本格的なベーカリーキッチンで毎朝焼きたてのパンが用意され、周辺に住んでいる方にも利用されているようです。

館内はアートがたくさん

こちらのホテルは館内のいたるところにアートが散りばめらています。

このようにアートとその題名?説明?が書かれています。

部屋はバルコニー付き

部屋を見ていきます。

今回宿泊した部屋は『モデレート』という最もリーズナブルな部屋です。

12階の部屋でしたが、後に紹介する屋上テラスの一つ下のフロア!

一番リーズナブルな部屋でも高層階になることもあるようです。ラッキー。

廊下です。

そして部屋に入っていきます。

ベッドはセミダブルでしょうか。

テレビは十分な大きさです。

YouTubeも見れました。

冷蔵庫の中には水が入っていました。

コーヒーやお茶。

各部屋にもアートがあるようです。

このように統一されているデザインが良いですが、一見普通の部屋ですよね。

ただ実はこのホテルの部屋の魅力はこちらなんです…

都会の景色を見渡せるバルコニーが付いていることです。

この夜景が部屋のバルコニーから見えました。

今回の部屋は新宿方面が見える部屋でしたので、新宿の高層ビル群が楽しめました。

バルコニーには椅子もあります。

朝の景色です。(雲が残念)

このように1階のベーカリーでパンを購入し、バルコニーで優雅な朝というのも体験できます。

それでは部屋のその他の設備等も見ていきます。

トイレ。

洗面台。

アメニティやドライヤー。

シャワールーム。

バスタブもあります。

シャンプー類。

屋上テラスから新国立競技場を見おろす

次は宿泊者のみが利用できる、屋上テラスを見ていきます。

エレベーターで最上階に上がり、ここから外に出ます。

このように椅子がいくつかあり、くつろぐこともできます。

目の前の新国立競技場を見おろすことができます。

この距離で見おろすことができる場所は他にあるだろうか、いや、ない。

明治神宮外苑を見下ろすこともできます。

奥は青山方面。

さらに西の景色。

奥には小さいですが、東京スカイツリーも見えます。

夜の時間帯の様子も見ていきます。

ライトアップされています。

夜の新国立競技場。

夜の明治神宮外苑。

夜だとスカイツリーも見つけやすいかも。

施設の共用スペース

次はホテルの設備を簡単に見ていきます。

まず大浴場です。

大浴場は入れ替え制ではないので、常に時間をそれほど気にせずに入ることができます。

そもそもすべての三井ガーデンホテルに大浴場があるわけではないので、あるだけでも嬉しいですね。

フィットネスルームもありました。

ランドリーもありました。

自動販売機。

これは大体どこのホテルにもありますが、ポイントは”普通の価格”なこと。

この他にゲストラウンジやダイアログといったスペースもありましたが、コロナ禍の影響で入ることができませんでした。

 

まとめ(言いたいこと)

東京の夜景ってたいていどこで見ても素晴らしいですよね。

今回の施設でも上の画像のような景色を楽しむことができましたが、

東京の夜景って、

 

 

 

 

 

オレンジ色に照らされた首都高が良いアクセントなのでは。

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました